【足の捻挫について】

左の図をみて下さい。

膝から足首の方へ伸びる筋肉です。

これらはほんの一部の筋肉になります。

捻挫等で足首をひねったりすると

これらの筋肉にダメージが加わり、筋肉が異常に硬くなります。

そうなれば、骨も引っ張られ、関節の動きが難しくなり無理に動こうとすると「痛み」になります。

  足の捻挫の程度には 

   ・立つ時、捻挫している足に体重をかけると痛みがでる

   ・立っている時は痛く無いが、歩くと痛みがでる

   ・歩く時は痛くないが、走ると痛みがでる

   ・内出血を伴うもの、そうでないもの。

  など様々ある。 


捻挫をした場合は・・・

 内出血している場合は出血を抑えるため冷やします。 

  ○濡れタオルを1,2時間おきに10分程あてる(氷等は冷え過ぎです)

  ○湯船には浸からない(シャワーにする)

 

 内出血していない場合はお風呂に入る 

  ○湯船に入っても構いません

 

 湿布はしない(湿布の刺激で筋肉が緊張します)  

 

 

 念の為、病院へ行きます。骨に異常が無ければなるべく早く

当院へ来院して下さい。

 我慢していて1か月経ったころ、なかなか治らないからみてほしい

という時は回復が遅くなります。

 


当院では痛みを改善する施術を行います

 捻挫を起こして「痛み」の原因となっている筋肉や腱、靭帯の

バランスを改善し関節におこる負担を軽減します。

 ・患部を固定すると筋肉の伸縮がないので、細胞から出る老廃物が

  貯留して回復を妨げます。

 ・過度なアイシングは筋肉を固めて血流を悪くし回復を妨げます。

 

足首の動きは(歩くや走るの動作とは)

 『足の指の関節』『足首の関節』『膝の関節』といった具合におのおの

の関節と協調性をもって連動した動きを行います。

 

 施術は

 ・しっかり筋肉の硬さをとる

 ・関節の動きを促す

 ・体重がかかった時の筋肉の硬さをとる

 ・歩いたりの動作での関節の連動性を促す

 ・素早い動作の連動性を促す

 

これらのステップを踏んで痛みの解消を行っていきます。

よって痛みが取れてからの後遺症が軽減されます。

 捻挫は軽い症状なら、1回で痛みが良くなることもあります。

 

 足首の痛みは、筋肉の緊張が広範囲ではないことが多いので

比較的痛みが回復しやすいのです。


初めてご利用の方へ〉 〈MAP(場所)〉 〈営業時間〉 〈¥料金

    〈ご予約〉     〈about me〉   〈リンク

 

 無痛整体恵比寿の森:広島県広島市中区国泰寺町1-5-27 戸田ビル203
   Copyright (C) 2006 EBISUNOMORI Co.,Ltd. All rights reserved.
  【 掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】