【股関節の症状について】

股関節の痛みの回復に向けて行っていること

 股関節が痛むのは 本当に骨(関節)のところが原因なの?

股関節とは

 骨盤と大腿骨を結ぶ関節を指します。

 股関節は 「立つ」「歩く」 

 体重がかかったり、大腿骨の骨を動かすところなのですね。

 

 左の図の色(カラー)の様に 骨と骨を結ぶ為に たくさんの

筋肉が繋がっています。

 

 ・緑色の筋肉が硬く縮めば 膝が開きO脚の原因に

 

 ・ピンク色が縮めば 大腿骨は中央へ引き寄せられる

  坐骨神経痛の原因に

 

 ・黄色が縮めば 膝が上へ引き寄せられる腰痛の原因に

 

 というように 簡単なもので説明しますが 実際にはもっと

複雑に骨と筋肉は絡み合っています。

 

股関節に痛みが生じる原因は股関節の骨の部分にだけ目を向けて

いてはダメということです。

足首や膝の関節との連動した動きが正しくないと股関節に

負担が生じてしまいます。

病院へ行くと、痛みのある関節部分にレントゲンをあてますが、その周囲の筋肉や

他の関節との連動制は見過ごされていませんか??

痛みが続けば、下図のような「人工関節」をすすめられます。

「股関節の手術を避けたい」「手術をしたが どうも痛みが治まらない」方は 筋肉の硬さを

緩めて関節周囲の筋肉バランスを修正してみてはいかがでしょうか?

 関節同士の連動性改善も行います。

 個人差はありますが、股関節の痛みで筋肉アプローチを行って

  ・痛みが解消した

  ・日常生活ができるようになった

  ・時折痛みがあるが、最初に比べ痛みが楽になった

  ・楽になるので定期的に通っている

 

といった症状の変化はあります。

股関節の症状でお困りの方は一度ご相談頂きたいと思います。


股関節の施術後の感想