■特別割引クーポン■

ご利用は こちらをご覧ください

下記クレジットカード利用可能

予約システムへ

当日予約はできません!

お電話でご連絡下さい。

ブログ

所在地

広島市役所から徒歩1分

 

〒730-0042

広島県広島市中区国泰寺町

1-5-27 戸田ビル203 

 

tel:082-246-3161

2017年5月20、21日

モトクロスライダーのケアで

広島県世羅に出張!

2015年11月14日、15日

シニアサッカーの全国大会に

選手として参加します!

結果は

準優勝(全国2位)でした!

被災地で施術
被災地で施術
サッカー試合前に施術
サッカー試合前に施術
美storyに掲載されました。
美storyに掲載されました。
Wendy広島に掲載されました
Wendy広島に掲載されました
拡大して見れます。
138骨盤2.pdf
PDFファイル 1.6 MB

【ご報告】 2012.8.2

ボランティアで行った小学校が映画の舞台となりました。

 

ボランティアで行った 石巻市立湊小学校避難所が

 

舞台となった映画が上映されると案内を頂きました。

 

新宿のK’s cinema で上映。

 

是非、広島で上映してほしい!

 

 

【ご報告】

 私がボランティアで行った避難所の閉鎖の連絡が来ました。

 避難所に携わった方々、大変お疲れ様でした。

 避難所を出られた方々が元気を取り戻し、また幸せに暮らせる

 事を願います。 

東日本大地震 避難所を訪れてみて

 大地震から1カ月、私は宮城県石巻市、気仙沼市へ行きました。

 訪れた目的は次の2つです。

 

        ●避難者の方へ施術を行う

        ●避難者の方同士が行える簡単な施術を教える

  

  4/9(土)に出発しました。 仙台市内にて1泊し

  4/10(日)より活動開始しました。 午前中、海岸方面に向かうと

 町の景観が一変します。 目を疑う光景が続きます。

  家が流され、車が散乱し、木々がなぎ倒されています。

  車を走らせていて進んで行くのが不安になりました。

 

 石巻市の湊小学校にて

 

 学校の校門前ですが、土砂や瓦礫がそこら

じゅうに積み上げられ、車も流されたまま

手つかず状態です。

 

 手をつけられないと言ったほうが

いいでしょう。

 

 悪臭もあり衛生面が心配です。

 

 

  避難所には本部があり、物資の受け付けや電話応対などの運営にあたって

 いる部署があります。

  そこでお話をして、整体施術が可能か確認を行いました。

 

  本部の方達に施術を行う事でOKがでました。

 

  次に避難者の方がいる学校の教室へ向かいました。

 

 足を捻挫している方の施術を

行いました。

 

 他に膝痛の方の施術を行い

ました。

 

 

 

 背中や、胸・肩、頭をなでる施術を

教えました。

 

 優しく体を撫でることで、体の緊張

が和らぎます。

 

 お互いに体に触れあうことで

スキンシップにもなり精神的な疲労

改善にも役立ちます。

 

 

 4/10(日)は他にも避難所となっている学校をまわり水やお菓子などの

物資を配りました。夜は冷え込みましたが、車中泊で一夜を明かしました。

 4/11(月)は場所を変えて気仙沼市方面へ向かいました。

本吉町という所にあるお寺で受け入れの了承を得たのでそちらへ向かいました。

 

 三陸の海岸線を北上しました。 すぐ傍には海が見えます。

陸側をみるとここを津波が通っていったんだなと分かるように家がなくなって

いました。 津波の破壊力は凄まじいです。

 

 

気仙沼市の仙翁寺にて

 

 

 このお寺で施術を行わせて頂き

ました。

 

 高台にあった為、津波の被害を

逃れたようです。

 

 声を掛けて施術を行いました。

 

 あまり反応はない感じでしたが

施術をやっているとだんだん人が増え

てきました。

  

 

  ふらつきが気になっている方

 

  坐骨神経がある方

 

  肩がこっている方

 

  腰が痛い方

 

  膝が痛い方

 

 たくさんの方がつらさを我慢している

様でした。

 心と体のケアには整体等の施術が

不可欠だと感じました。

 

 

 ここでも、2人で行える施術を

教えることができました。

 

 みんな楽しく参加してくれました。

 

 

 最後に「ありがとう」「気持ちよかった」

など喜んで頂きました。

 

 全員の方には施術できませんでした。

 

 もっと多くの施術家の方に現地へ行って

ほしいと思います。

 

 お医者さんも必要かと思いますが薬では効かない痛みをかかえているかたも

大勢います。 痛みをケアできる施術家の方は必要とされています。

 

 次に向かった気仙沼市で、大きな

地震があり津波警報が鳴りました。

 

 あわてて、高台に逃げました。

 

 漁港付近にて

 この日は一関市周辺へ行き1泊しました。

 

 北海道の医療チームや海外の記者の人達、テレビ関係の人達などいろんな方に

会いました。

 

 4/12(火)に東京へ戻りました。 短い期間でしたが貴重な経験をしたと感じ

ました。

 余震の影響や原発の問題で東北地方へ向かうことは危険を感じました。

しかし、また機会があれば東北へ行きたいと思います。

 

 

 

 

 まだまだ人手は足りません。

 

 多くの方の助けが必要です。

 

 そんな事を感じました。

 

 

 東北被災地は

 ・一般道路などそんなに問題はありませんでした。

 

 ・ガソリンも内陸では給油可能です。

 

 ・トイレは不便です。

 

 ・ボランティアで施術をしたい方は事前に各避難所の場所と連絡先を調べて

  受け入れの確認をとって現地へ向かうといいでしょう。

  その時に不足している物資を聞いて持参されると喜ばれるでしょう。

 

 

 東北地方の被災された皆様が1日も早くより良い生活に戻れることを願います。