■体が痛くなった経緯

 201510月 こけてというか自分では落ちるという感じで 段差が暗闇で見えなくて

プールの飛び込みの腹打ちのような感じで前に体ごと倒れて、それで足首が痛くなり、

足首捻挫って最初は言われてたんですが、それがだんだん上にあがってきて、膝が痛く

なり、それから股関節が痛くなりました。

 

 転ぶ前は腰が椎間板ヘルニアって言われてたんですが その頃は全然腰も楽だったので

先生からはこれは椎間板ヘルニアが原因ではないと言われたりもしました。

 足が痛かったので歩けなくて 座って過ごす時間が長くなりました。

それで足が固まった感じになりました。 その時は家からすぐのコンビニにも行けな

かったです。

 最初は良かったんですが、12月頃から段々ひどくなり 寝てるとき接地している部分

が痛くなり、睡眠ができなくなってきました。

 

 病院を転々とし今の病院へ落ち着いたのが2016年の3月頃で それまでずっと地獄で

先生によっては「あなたの精神的なことが原因」と言われ鬱を疑われたりしました。

 そのころは寝れないのが辛かったですね、横になると痛いのでずっと椅子に座ったり、

横になると起き上がるのもなかなか起き上がれなくて、誰かに引っ張って起こして

もらってましたね、自力では無理でした、生活自体自力では無理でした。

 介護してもらっている感じでした。

 

 最後に落ち着いた病院で患部に注射を打ち始めてから 2か月後の5月頃には睡眠も

取れるようになり体は楽になってきました。 小旅行くらいに行けるまでになりました。

 ただ、長い距離は歩けないし、寝る以外の動きをすると筋肉が突っ張り、関節が固まる 

状態でした。 

 

■来院前は病院へ通っていた

 病院は注射がやっぱり主だったし、注射をして楽になるのは まあそうなんですけど

ただその注射がすでに痛かったり、、、注射は痛み止めで 痛み止めが効く時もあるし

効かんときもあるし、、、 まず その注射の時に力が入って痛いし、、、

注射は股関節の前側に打ったり、腰が痛い時は腰に打ったりしてました。

 

 打つときは痛い時と痛くない時があって、自分の緊張もあると思うんですけど

注射を刺されるって分かっているから 呼ばれる前からドキドキしていて

ただ打つ場所が場所なんで、変なところ打たれたらどうしようとか思ってました。

 

 また病院では先生が手術の話をするので、このままだと早めに手術した方がいいよって

言われて 手術は回転切りみたいな、、、自分の骨でカバーできるから、、だから早めに

やった方がいいよって このまま放っておいてお年寄りになったときに手術となると

人工関節になるから それよりは自分の骨でやっておいた方がいいよと言われ

 そういう意味で早めにっていう事でした。

 

 病院の先生はどっちでもいいけどと言って どっちかというと手術を勧めるんですが 

自分は手術となると「エーっと」なって・・・

股関節はMRIとかでは壊死とかはなかったです。他の人と比べるともともと、おぶさっている

部分が小さいって言われました。もうちょっと骨が長い方が良いが それで骨が

外れやすい傾向があるねと言われました。

 

他にも病院へ行きましたが、先生によっていろいろ言われました。

 

■来院のきっかけ

半年以上前から気になっていて、股関節の痛みで調べていたらこちらのホームページが出てきて、

その中のお客様の声という所をよんでいたら、同じような股関節が痛いという人が出てきて

 私より相当症状が悪そうな人が治ったというのが書いてあって 自分ももしかしたらと希望が

持てました。

 

 整体というと「バキ、ボキ系」のイメージがあって 自分は絶対痛いおもいをしたくない

というか、、、 病院で可動域を調べるたんびに痛いおもいをしてきて 余計わるくなって

いったから もう「怖くて」  そういう「バキ、ボキ」系のところは特にそういうふうに

されそうで、、、 整体は何されるかわからないし

ここはまず (店名に)「無痛」って漢字で入っているし(笑)

自分にはリラックスして受けられる環境が一番合ってるなって感じるし、ゆらすことで楽に

なるっていうことも ここのホームページを見た後に他のホームページを見て調べても

 

「ああいいんだな」というのがいろんなとこで分かったし、だんだん気になってきた

感じで、、、でも 病院で治療してるしなあ とかいろいろ葛藤があったんですけど

 なんかやっぱりどうしても気になっていたので、来たという感じです。

 

■無痛ゆらし療法を最初に受けた感想は

 びっくりしました。 これくらいなんだと“ほっと”しました。自分は今まで整体の

イメージがもうグイグイというのもあり、病院でも容赦ない動かし方だったから

“こんなに優しく触れてくれるんだ“と思って安心して気を許して 身を預ける感じでした。

“気持ちいいなと思いました” マッサージのような気持ち良さではなくて、

どっちかというと、自分はずっと気が張っていたので リラックスを求めていたので

「ほえー」ってなりました。

 終わって立ったときに「えっ」てなって 体も軽かったし、なんていうか筋肉自体の

痛みみたいなのが、なんか股関節とかの痛みとかも、まず痛いっていうのがないというか

 

「取れた」って感覚でした。

 

■その後、通われてみてどのような変化がありましたか

痛みが取れたら“スッス スッス”歩ける事がわかったし、歩くスピードが違うし

付き添いで来てたお母さんがまずびっくりして 「あんた歩くスピードが全然違うよ」

って言われたり

 こちらに来るときはいつも旦那かお母さんに付き添ってもらってて、お母さんの時は

施術が終わって部屋を出てから廊下を私が先にいくんですが、その時お母さんがいつも

「あんたそのまま走れるんじゃない」って言われたりしました。

 あと、周りから言われる言葉が変わってきて、いつも

「大丈夫?大丈夫?」って言われていたのが

「えっ、あんたそんなに早く歩いていん?」とか「めっちゃスッス歩いとるし」

みたいな感じで言われました。

 私が痛いと言いながら早く歩いたりして、言ってる事と行動がともなっていないと 

周りは爆笑でした。

 

■無痛整体 恵比寿の森の印象はどうでしたか

 通ってみて、私にはここが一番合ってるなと思って、先生が話しやすいんです(笑)

今までは病院で自分が体のことを言おうとしても スルーされて ベルトコンベアを

進むようにハイ次、次という感じで、話を聞いてもらえないことがあったので

 話そうとしても、萎縮してしまい、痛くても言えなくて、治療にならんと思いました。

体が固まって注射を打たれても針が入らなかったりしてました。

 ここは自然体でいられるのが楽でした。

 他には、治療法や精神的なことも合ってるし、「全部です」(笑)

 

 整体に来たのは初めてでしたが、初めてがここで良かったと思ってます。他のとこへ

行って 痛い思いをしていたら二度と整体には行ってなかったと思います。

 整体を治療に選ばなかったと思います。 痛みを取りたくて行ったのに逆に痛くなって

 

帰ってくることが多かったので。

 

■日常生活での変化

 外へ出る時は杖が必要だったのが、いらなくなってきました。ほかには

横になって寝る時にクッションを背中に入れて寝ていたのが、いらなくなってきました。

 あとは、家事でしょうか。最初の頃は注射が効いているときは直ぐに楽になる感覚が

あって動けるんですが、切れるとガクッと悪くなって動けなくなっていましたが。

 

 施術を受けてからは、徐々にですが変化を感じてガクッと悪くなる感じが減っていき

ちょっと痛くても自分でコントロールできる感じで体を動かせるようになりました。

 今では、家事はちょろいもんになりました。

 

 前は分けないとしんどくて、洗い物して座って、ご飯炊いて座って、おかず作って座って

 

って感じでしたが一気にできるようになり、そのスピードもあがりました。

 

■最初の施術から3カ月近く経ちどのように変化があったか

 ①自分が思っている股関節の可動域をちょっと超えるならわかるんですが

  先生に動かされたときは、ガーって痛みも無いのにバレリーナのように

  動いてびっくりで、近年こんな動きしたことないよってかんじで

  しゃちほこじゃんって思いました(笑)

 ②途中から付き添い無しの一人で通えるようになったり、

 

  タクシーで来てましたが、バスで来られるようになったことです。

■一緒に来られたご主人からも感想を頂きました。

2年間、体の痛み(特に腰痛と股関節痛)で

心身ともに苦しんでいる妻が、ここへ通い出して

少しずつその痛みの回数や強さが少なく、弱く

なっている様子が分かり夫として「来て良かった」

と本当に思っています。

 

先生の的確な治療(なぜその痛みが起きたかという

要因・その痛みが他の筋肉(体)に影響しているか

11つレベルを上げながらアドバイスをしているところ)

で本人も「治るかも」という気持ちがまた出てきて

現在も治療に励んでいます。

 

妻も安心して、悩む、痛むところを先生に気兼ねなく

伝えているので「ここでよかった」と本当に思いました。

『完治』に向け11歩ですが

今後ともよろしくお願いします。

 

                                  

最近は片足でも立つことができるまで改善しました。

 ・痛かった右の股関節を曲げたり

 

 ・痛みのあった右足をついて片足で立てます。

これからは、小走りやスキップができるようになりたいとの事なので

もう少し通っていただき頑張っていきましょう!!

 

 イラストのお仕事もされていて、2017年末にはドイツのワインメーカーの

 

ワインボトルのラベルに選ばれました。